ソーシャルレンディング会社が倒産した場合投資資金はどうなる?

ソーシャルレンディングは短期間で高利回りが期待できる点で非常に魅力的な投資商品です。

「攻め」の投資として資金を注入する価値がありますのでポートフォリオに組み込むことを考えている人も多いでしょう。

一方で気になるのはリスク面。特にソーシャルレンディングの運営会社が倒産した場合については正しい知識を持っておいた方が良いでしょう。

投資博士
銀行に預けるのと比較するとリターンは雲泥の差。でも一番怖い運営会社の破綻リスクについても抑えておこう

ソーシャルレンディングは運営会社が破綻するリスクがある

ソーシャルレンディングは、個人投資家から集めた資金を預かって、資金を必要としている中小企業にやや高い金利で貸し付けて、元利金の返済額の中から、手数料を抜いた残りを個人投資家に分配することで成り立っています。

  • 中小企業が予定通り返済できない場合に、個人投資家への分配がストップする
  • スケジュールの変更を余儀なくされる
  • 場合によっては元本割れの可能性がある

これらがソーシャルレンディングの一般的なリスクです。

しかしソーシャルレンディング最大のリスクは、運営会社自身が経営破たんし、サービス自体の運営が出来なくなる場合です。

こうなると、個人投資家から預かった資金はどうなるのか、戻ってくるのか戻ってこないのか、気になりますよね。

ソーシャルレンディング運営会社は倒産に備えて資産を分別管理している

ソーシャルレンディング運営業者は、個人投資家から預かった資産を、分別管理しているのが一般的です。

万が一業者が業績不振などで倒産したとしても、分別管理されている顧客の資産にはダメージがないようにしているのです。

しかし、その中身がどうなっているか、きちんとチェックしたほうがよいでしょう。

また、金融商品取引業第二種の免許を持っていることは必須条件です。金融庁の厳しい検査を通過しないと、この免許は下りないからです。

「SBIソーシャルレンディング」のサイトではこのように説明されています。

Q. SBIソーシャルレンディングが倒産という事態になった場合どうなりますか?
弊社が倒産した場合、運用開始前の出資金及び運用中ファンドの分配金等の、弊社の全ての財産が破産管財人の管理対象となります。
そして、お客様の出資比率に応じて、破産管財人が弊社の財産をお客様に分配します。(匿名組合に対する出資は、一般の債権と平等に扱われます。)
ただし、出資された元本は保証されません。

SBIソーシャルレンディング

分別管理されているとはいえ、100%確実とは説明されていません。投資である以上一定のリスクを伴うことを理解する必要があります。

分別管理がなされていれば、基本的には、運営会社の経営破たんのリスクが直接及ばないことになっています。

しかし、倒産が明らかになった時点で管財人が財産状態をチェックしたところ、裏では顧客から預かった資産を運転資金に使っていた、といったケースも想定されます。事実、過去の金融会社の破たん事例ではよく見られた話です。

また、運営会社が破たんした場合、資金の貸付先からの返済が順調だった場合に、分配の手続きを行う主体が存在しない、といったケースもあり得ます。このようなリスクにどのように対処しているかもチェックするとよいでしょう。

信託銀行に顧客財産の信託保全をしている場合リスクは低い

ソーシャルレンディング案件の中には、融資実行の際に信託銀行と契約することで、顧客から預かった財産の信託保全を行っている場合があります。

信託保全措置を講じていると、途中で運営会社に経営上の問題が発生した場合でも、投資家への財産の分配は信託銀行が責任をもって実施するため、運営会社の破たんリスクを心配せず投資可能な案件といえるからです。

もちろん信託銀行に対する管理手数料が発生し、同種の案件よりも利回りは低くなりますが、その分安全性が高くなります。こうした案件を選ぶこともリスクを回避する方法の一つとなります。

なお、現行法令上、運営会社には信託保全の義務はありません。したがって、運営会社の信用力を自己責任でチェックすることが求められます。

ソーシャルレンディング会社の破たん原因

どのような状況になると破たんリスクが高まっているといえるか、考えられる点をいくつか挙げてみましょう。

原因1|金融危機が発生したとき

リーマンショックのような金融危機が発生すると、企業の倒産件数が増えることになるでしょう。また、不動産取引市場も一気に冷え込み、転売も難しくなることが予想されます。

こうなると貸し倒れ、投資元本棄損事例が増えてくるでしょう。

ソーシャルレンディングの商品の中には、転売の確実性が高い、銀行融資のスケジュールが決まっている等を根拠として、それまでの期間の資金ニーズに対応するということで、例えば3か月ものなど短期間の投資商品として募集されている案件が多数あり、こうした案件が影響を受ける可能性があります。

原因2|ソーシャルレンディングへのネガティブな評判の流布

ファンドの破たん事例が増えると、ネット上で瞬く間に、「ソーシャルレンディング 危険」といったキーワードで検索されることが増え、一気にファンドを買う人が減るでしょう。

そうなると投資信託やFXなどからソーシャルレンディングに投資していた資金を引き揚げる人も増えるでしょう。こうなると、資金需要に対し、資金が集まらなくなり、そのうち不動産売買や新規建設が低迷し、ソーシャルレンディングで資金調達する企業も減ってしまいます。

原因3|ファンドの取引が減って利益がでなくなる

こうなると、新しいファンドの発売が減る、投資家の資金も集まらないといったことになり、利益が出にくくなってしまいます。

融資の利ザヤを稼ぐためには、融資額が大きくないと駄目で、資金需要が減るとそれはソーシャルレンディング会社の利益が減ることになります。そうなると赤字基調になり、倒産ということも起こり得ます。

ただし、既存の銀行などと比べると、店舗運営コストもほとんどなく、少人数で運営されているため、損益分岐点は低く、景気後退に対する耐性は高いと考えられます。適切な運営が続けられている限り、あまり過剰な心配は必要ないといえます。

リスクを最低限に抑えるためのチェックポイント

どうしても気になる方は、以下の点をチェックするとよいと思います。

ポイント1|複数事業者の案件に分散して投資

「卵は一つの籠に盛るな」

一つの事業者に対してだけ資金を投入していると、その事業者が破綻した時に一気に資金がやられてしまいます。

複数事業者の案件に分散して投資を行うことで、万が一事業者が破綻した場合でも被害が最小限に抑えられるよう備えておくことが大切です。

各社の投資案件の売れ行きや利回りをチェック

売れ行きが芳しくないということは、その会社に何かが起きている可能性があります。

また、ちょっと高すぎる利回りを売りにすることが目立ってきたら、黄色信号といえるかも知れません。

同じような企業にばかり貸していないかチェック

これも気になるところです。分散投資にならないですし、貸付先が破たんしたらすべてそのリスクをかぶることになってしまいます。投資は分散投資が基本です。

満額成立にならない案件が目立っていないかチェック

案件の性質上仕方ないものも中にはあるかも知れませんが、その業種や、その会社の状況に何か変化があるのではないか?と注意を払ってみるとよいでしょう。

ちょっとした違和感は大切にしたいものです。

運用期間が短い案件に投資を行う

ソーシャルレンディングで安全に運用するためには、3年などの長期間よりも、短期間の資金需要の方がおススメです。3か月で完済する案件には、なるほどと理解出来る説明がしっかりされていることが普通です。

工事完成までのつなぎ資金だったり、資金の出どころがはっきりしていて支払われるまでの期間にギャップがあるなど、その間の需要なんだと誰でも理解できるような資金需要が世の中にはたくさんあります。

そうした案件を選ぶことで、リスクを低く抑えることも可能です。高い金利で長い期間支払いを続けるくらいなら、本来、低金利の時代なのですから、銀行融資に切り替えた方がいいに決まっているからです。

有名企業の出資を受けているかどうかをチェック

一般論として、ソーシャルレンディングは成長産業と考えられており、大手ネット企業や金融機関にとって出資先として魅力的です。

一部の大手運営業者は数社のネット系企業から出資を受けていますし、大手金融機関グループのソーシャルレンディング会社は独立系企業よりも、景気後退時のリスク対処能力は高いと考えてよいでしょう。

まとめ

ソーシャルレンディング運営事業者の破たん事例がない以上、これらの説明は机上の理屈ではあるのですが、近い将来景気低迷時に破たんすることは可能性としてはあり得るでしょう。

そうなった場合は、投資資金が戻ってこないことも考えられます。こうしたリスクを常日頃から頭に入れたうえで、分散投資を徹底することがよいと考えます。

Copyright© ほっぷ!すてっぷ!資産運用! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.